HOME >>台湾の温泉の紹介

map.gif

泉質 効能 場所
炭酸泉 泉質は無色透明で、水虫、関節炎、胃腸病、
皮膚病、神経痛を治療することができる。ま
た、血圧を下げたり、心臓の負担を軽くする
のにも効果がある。台湾には、この種類に
属す温泉が最も多く見られる。この他、炭
酸泉は炭酸気泡で清涼飲料水を作ることが
できる。蘇澳冷泉が典型的な例で、便秘や
利尿、食欲増進や胃腸改善に良い効果がある
■北部地区:
宜蘭県仁沢温泉
蘇澳冷泉、
台北県烏来温泉、
桃園県四稜温泉、
新竹県清泉温泉、
苗栗県泰安温泉。
■中部地区:
台中県谷関温泉、
南投県東埔、
廬山温泉。
■南部地区:
高雄県大岡山、
不老、
宝来温泉、
屏東県四重

硫黄泉 黄褐色や白濁色を帯び、卵が腐ったような強
い匂いがある。皮膚病、婦人病、ぜんそく、神
経痛、解毒喀痰、動脈硬化、リューマチ、肩や
首、腕の諸症状に良い効果がある。一部は、
飲用すると便秘、糖尿病の改善に効果がある
が、医者の指示を得なくてはならない。しかし、
吸入には余り適さない。
■北部地区:
台北県万里温泉、
台北市北投、
陽明山温泉。
■東部地区:
台東県緑島朝日温泉

鉄泉 豊富な鉄分を含み、造血作用を持つ。貧血や
婦人病、更年期障害、子宮発育不全者、慢性
湿疹に良い効果がある。入浴以外に飲用もで
き、同じように貧血患者に効果があり、疲労解
消もできる。
■東部地区:
花蓮県瑞穂温泉

炭酸水
素塩泉
無色、無臭で、表皮と肌を美しくし、組織の回復
を加速し、新陳代謝と血液循環を促進する等の
効能がある。また、胃腸病、胆嚢炎、神経痛、
関節炎、外傷、肝臓病、アレルギー
性疾病、慢性皮膚病、麻疹などを
改善できる。
■北部地区:
宜蘭県礁渓温泉
台北県烏来温泉
■東部地区:
台東県知本温泉。

鉱泥
濁泉
泉水はチャコールグレー色で、皮膚病や神経
痛、胃腸病を治療することができる。入浴後、
肌がソフトで滑らかになったような感じがある。
珍しい天然の美容液と言える。クレイ(氷河か
ら取れた美容粘土)は、このような泥を冷却し
て製造したものである。
(アルカリ性でヨードを含む。臭化弱食塩水)
■南部地区:
台南県関子嶺温泉。

食塩硫
化水素
皮膚病、婦人病、胃腸不調に良い効果が
ある。
■東部地区:
花蓮県安通温泉。

台湾の温泉の歴史
台湾の温泉の開発利用については、ドイツ人のQuelyにより1894年に初めて
北投で発見され、台湾が日本に割譲された後、日本の温泉文化が台湾に
影響を及ぼしました。1896年3月に、日本大阪出身の平田源吾が、北投に
台湾初の温泉旅館「天狗庵」を開き、北投温泉郷の時代が始まっただけ
でなく、台湾温泉文化の幕開けともなりました。日本統治時代に最も名が
知れていた四大温泉は、北投、陽明山、関子嶺と四重渓でした。しかし、
1945年以後、台湾の温泉は、繁栄から衰退、更に没落へと転じました。
1999年に関連機関が推進する中で、近年、台湾温泉の華やかな風貌が再
び現れ、温泉ブーム現象が湧き起こっています。

今までと異なり、台湾の温泉の開発利用は、更に一層の進歩を遂げまし
た。伝統的な温泉浴に新しい健康保養概念が加わり、現在の温泉の楽し
み方は多種多様と言えます。温泉水治療法から、温泉プール、温泉サウ
ナ、温泉マッサージ風呂、保養浴場、温泉フィットネス館まで、何で
も設備されています。多くの企業が多額の経費を投入して温泉旅館を
新設或いは改築し、ひいては、現代的でテクノロジー的なハード設備
を追加購入しています。単純な温泉浴概念を温泉水治療法へと転じ、
人々は伝統的な温泉浴を楽しむだけでなく、更に先進の設備を通して、
強力ジェット水流、超音波マッサージ、泉水浮力などの物理的作用で、
効果を促進することができます。また、専門の温泉療法士が傍らで指
導して、真の保養効果を達成できます。

温泉は、治療効果を持つほかに、卵を茹でたり、野菜を植えたり、養殖
をしたりすることもできます。例えば、ある人は礁渓温泉を利用して、
温泉空心菜を栽培したり、スッポンを養殖したりしています。北投の
地獄谷、知本、仁沢、廬山、四重渓などには、温泉卵を作る設備があ
ります。

台湾の温泉の多くは風光明媚な山林の里にあり、温泉浴に行けば、都会
を離れることができるばかりでなく、温泉区域の湖や山の景色、大自然
の鳥や虫の鳴き声、森林の香りを楽しむことができ、レジャーと健康面
でのダブル効果を得ることが出来ます。台湾への温泉の旅が、お金を費
やすだけの価値があったと貴方を必ず満足させることでしょう。


台湾交通部観光局の資料より